2018年のダークホースとなっている芸人ひょっこりはんですが、やらかしてしまいましたね。芸を披露する際に使用している音楽が著作権に絡んで、問題になったそうです。

人気上昇中だっただけに残念ですが、この音楽に関してゲームで使用されているBGMでは?という噂があります。聴いてみるとなにか古いゲームで使われていそうなBGMではありますが、真偽はいかがでしょうか?

ひょっこりはんで使用されている音楽とは?



ひょっこりはんが、顔を出す時に使用していた音楽が問題みたいですね。「MusMus」というフリーの音楽を扱っているサイトの音楽を作っていたみたいですが、使用するためには著作権元を示す必要があるみたいで、示さない場合は使用料を払う必要があります。

ひょっこりはんは、どちらにも対応しておらず、さらに2次配布までしてしまったので問題が大きくなってしまったようです。フリー素材の使用は、無料だからと言って見落としがちですが規約をしっかり確認しないと思うわぬ請求が来る可能性があるので注意したいですね。

そしてひょっこりはんが使用していたというBGMが、「Sonorously Box」というタイトルなのだそうですが、ゲームBGMっぽい曲調です。



Sonorously Boxはゲームで使用されていた?



音楽自体は、フリー素材であるため二次利用されている可能性は高いです。しかしこの楽曲をそのまま使用したゲームタイトルというのはないですね。

この曲に似ているという点では、ポケモンで使用されているゲーム音楽が近いという噂はあります。

しかし実際に聴いてみるとまったく同じではないので、参考にした程度かもしれません。

ゲーム音楽は素材の一部を流用することは多いそうなので、もしかしたら使われているのかもしれませんね。

ひょっこりはんはどうなる?



ひょっこりはんは、本件に関して謝罪し、問題は解決済みとのことで訴えも取り下げられたそうです。

しかし、これから売れていきそうな段階で不祥事を起こしてしまうのはかなりマイナスだったと思います。

今後はかなり活躍していかないと、次の年には忘れ去られてしまうかもしれませんね。


タグ